2ポートのコンパクトなUSB充電器「Anker PowerPort mini」

AnkerのコンパクトなUSB急速充電器「Anker PowerPort mini」を購入しました。

Anker PowerPort miniは、手のひらサイズの小ささで折りたたみ式プラグを搭載し、2ポートから合計12Wの出力が可能な充電器。

この記事では、Anker PowerPort miniを実際に購入して使ってみた感想を紹介します。

Anker PowerPort miniの紹介

Anker PowerPort miniは、2台同時に充電可能なコンパクトサイズのUSB急速充電器です。

Anker PowerPort mini外箱

外箱もシンプルなつくり。

Anker PowerPort mini外箱裏面

封を開けて驚いたのはその小ささ。

小さくて「薄いっ!」と思ったのですが……

Anker PowerPort miniを外箱から取り出した状態

よく見ると本体の厚みの半分がうまっているだけでした。

Anker PowerPort miniを外箱から取り出し、横から見た状態

裏面には簡易的な説明書きがプリント。

Anker PowerPort miniの説明書き

キューブ状のデザインでコンパクト。それでいてモバイル機器を2台同時に充電可能な2ポートを搭載。

各ポート最大12Wの出力ができますが、2ポート同時使用した場合の出力も合計12Wでの充電となります。

Anker PowerPort miniのポート

プラグは折りたたむことができます。

コンパクトなので持ち運びにも便利なサイズ感です。

Anker PowerPort miniプラグ
Anker PowerPort miniのプラグを折りたたんだ状態
プラグを折りたたんだ状態
Anker PowerPort miniプラグを出した状態
プラグを出した状態

Anker PowerPort miniの気になるところ

Anker PowerPort miniを使ってみて気になったところを紹介します。

プラグの位置が真ん中にある

プラグの位置が中央にあるのが個人的にはマイナスポイント。

壁に挿して使用するには問題ないのですが、電源タップの側面に挿した際に充電器の厚みで電源タップが少し浮いてしまうのです。
できれば端に付いてあるとうれしい。

Anker PowerPort miniのプラグを正面から見た状態

ポートの上下の固さが違う

USBケーブルを接続するとき、ポートの上下で若干固さが違っているのが少し気になります。

Anker PowerPort miniのポートにUSBケーブルを繋いだ状態