万人におすすめできる薄型ワイヤレスキーボード Logicool MX KEYS

ロジクールのワイヤレスキーボード「MX KEYS Advanced Wireless Illuminated Keyboard KX800」を購入したので、紹介します。

薄型のボディでズッシリ感もありますが打ちやすく、オフィスやプライベート両面で活躍できるキーボードです。

Logicool MX KEYSの外観

ロジクールのMX KEYSは、エンジニアやプログラマーを想定して、タイピングに特化した薄型ワイヤレスキーボードです。

Logicool MX KEYS 外箱

キーボード本体は薄型ですが中にメタルプレートが入っており、重量 810g とズッシリ感があります。

Windows / mac 両対応で、Mac製品とも馴染むスペースグレーみたいなカラーリング。

Logicool MX KEYS キーボード本体

本体に重量があるのと裏側にすべり止めのゴムが6つあるので、タイピング中まったくズレが起きません。

Logicool MX KEYS キーボード底面

横から見るとキーの薄さがわかります。

角度調節はできませんが、気になることもありません。

Logicool MX KEYS キーボード側面

接続はBluetoothだけでなく、同梱のUnifyingレシーバーを使って行えます。

複数のロジクール製品を1つのUSBレシーバーで接続できるので便利です。

Logicool MX KEYS USBレシーバー

MX KEYSを使ってみた感想

MX KEYSを実際に使用して感じたことを羅列してみました。

MX KEYSの良いところ・気になったところ

充電用のポートがUSB Type-C

充電用のポートなのでmicro USBでも別にかまわないのですが、USB Type-Cだとやっぱりうれしいですね。

ポートの隣にあるのが電源スイッチ。ボタン式でなく、スライド式なのも良いところ。

Logicool MX KEYS 電源スイッチと充電ポート

充電しているとランプがほのかに点灯するのもおしゃれ。

ケーブルに接続して充電中のLogicool MX KEYS

キーの印字がごちゃごちゃしている

Windows / Mac両対応のため、キーの印字がごちゃごちゃしていて視認性が悪く感じます。

Logicool MX KEYS キーの印字

エンターキーの隣あたりは特に混雑。

個人的にはWindowsしか利用しないので、もうちょっとスッキリしてくれるとありがたい。

Logicool MX KEYS キー

浅めのキーストローク

キーストロークは浅めで、ノートパソコンのキーボードのような感覚で打てます。

キーのくぼみは指先に合うときは気持ちよくて打ちやすいですが、時たまズレを感じることも……

Logicool MX KEYS キーのくぼみ

MX KEYSはテンキー付きで、事務作業などではあると便利。

しかし、エンジニアやプログラマーを想定して作られたのであれば、テンキーなしモデルがあっても良かったのではとも感じます。

Logicool MX KEYS テンキー

MX KEYSの打ち心地

キーが薄型なので、次の文字へ移動しやすく素早く打てます。押し込みも少なくて済むため、疲れにくいです。
早打ちするとタイプ音が響きますが、ふつうに入力する分には響きません。

タイピング音などは動画でチェックしてみてください。

使いやすくておすすめの薄型ワイヤレスキーボード

MX KEYSは、ノートパソコンのキーボードみたいな打ち心地が好みな方におすすめです。

重量感がありテンキー付きなので持ち運びには不向きですが、薄型派ならコレを買っておけば間違いないと言えるでしょう。