ゲームをせずとも軽い押し心地で早打ちしやすいキーボード SteelSeries「Apex Pro TKL JP」

以前より気になっていたSteelSeriesのゲーミングキーボード「Apex Pro TKL JP」をゲットしたので、紹介したいと思います。

Apex Pro TKLはゲーミング用のキーボードですが、ゲームをしない人でもおすすめしたい軽いタイプ感が魅力。

キーを押し込んで反応する位置を変えられるOmniPointスイッチや有機ELスマートディスプレイなど、ギミックも満載。ガジェット好きの心をくすぐるアイテムです。

Apex Pro TKL JPの外観

SteelSeries「Apex Pro TKL JP」は、OmniPointスイッチを搭載する日本語配列テンキーレスの有線ゲーミングキーボードです。

箱の見た目はお世辞にもかっこいいとは言えないですね……

Apex Pro TKL JP パッケージ

外箱のフタを開けたところ。

この開けたときのキーボードとご対面する瞬間がワクワクでたまらないんですよねぇ。

Apex Pro TKL JP パッケージの蓋を開けた状態

キーボード本体。ゲーミングキーボードとしては重量が軽く感じます。

質感も20,000円以上するキーボードとは思えない感じで、REALFORCEなどと比べると高級感はなし。
その分、機能はすぐれているんですがね。

Apex Pro TKL JP キーボード本体

ケーブルは極太。USBケーブルが2本に分かれていますが、片方はUSBパススルーポート用。

単にキーボードを使用する場合は、1本挿すだけでOKです。

Apex Pro TKL JP USBケーブル

2本接続することでキーボードにあるUSBポートを使えるようになります。

Apex Pro TKL JP USBパススルーポート

キーボードの底面。ケーブルの位置をPCの配置場所にあわせて変えられるようになっています。

Apex Pro TKL JP キーボード底面

スタンドは閉じるか立てるかの2段階で調節可能。

Apex Pro TKL JP スタンド

横から見ると最下段のスペースキーなどが盛り上がっている形状になっています。

Apex Pro TKL JP キーボード側面

SteelSeriesのロゴはこんなところに。

控えめな場所にあってかっこいいです。

Apex Pro TKL JP steelseriesロゴ

Apex Pro TKL JPのサイズにぴったりなパームレストがあらかじめ付属されています。

パームレストにマグネットが付いており、ピタっとキーボードにくっつきます。

Apex Pro TKL JP パームレストのマグネット

パームレストの表面はマットでさらさら。

Apex Pro TKL JPのキーボードは高さがあるので、パームレストを併用することで手首の負担を軽減できます。

Apex Pro TKL JP にパームレストを装着した状態

Apex Pro TKL JPを使ってみた感想

SteelSeriesのゲーミングキーボード「Apex Pro TKL JP」を実際に使ってみた感想を挙げていきます。

軽いタッチで打ちやすい

薄型のキーではないので押し込む必要があるのですが、軽いタッチで打てるので素早く文字を入力ことができます。

また後ほど紹介するアクチュエーションスイッチでキーの反応する深さを設定できるので、自分好みにカスタムできるのが良いですね。タイピング音は高め。

Apex Pro TKL JP キーボード

これはゲームをしない人でも満足できるキーボードだと思います。見た目が問題でなければ。

有機ELディスプレイがかっこいい

なくても良いように思える右上にあるディスプレイですが、あると意外と便利というか、ただ画像や文字を表示させるためだけのモノではないんですよ。

ディスプレイの右にあるマルチメディアボリュームローラーとOLED メニューボタンを操作して、イルミネーションやアクチュエーションポイントを変更することができるんです。

Apex Pro TKL JP 有機ELディスプレイ

パソコン上ならもっと細かく設定をイジられますが、キーボードでも簡易的に設定を変えられるのがとても便利で使い勝手が良いです。

専用ソフトのSteelSeries Engineを使って、好みの画像やGIFを表示させることもできちゃいます。

SteelSeries Engineで自分の画像を編集

自分だけのオリジナルなキーボードにできる感覚で楽しめます。

Apex Pro TKL JP 有機ELディスプレイにFudangearのロゴを表示

キーを押し込んだ深さもリアルタイムでグラフにて表示されて感動。

Apex Pro TKL JP 有機ELディスプレイにアクチュエーションポイントをグラフ可視化

アクチュエーションポイントのカスタマイズがすごい

Apex Pro TKL JP 最大の目玉が、キーごとの感度のカスタマイズが可能なメカニカルスイッチ。

Apex Pro TKL JP のキー

アクチュエーションポイントの数値はキーボード上でも一括で指定できますが、専用ソフトだとキーひとつひとつに割り当てることができます。

Apex Pro TKL JP 専用ソフトでアクチュエーションレベルをキーごとに設定

シビアな反応が要求されるゲームはもちろん、仕事やプライベートの場面でも役立つこと間違いなし。

自分に適した反応の深さを見つけ出すのも面白いでしょう。

ゲームをしない人にも最強のキーボードか

SteelSeries の Apex Pro TKL JP は、ゲームをしない人にもおすすめできる有線テンキーレスのキーボード。

OmniPointスイッチや有機ELディスプレイなど独自のギミックに惹かれた方は、ぜひ試してみてほしいです。

イルミネーションで光った状態のキー

ゲーミングキーボードはキラキラ光るのがイヤなんだよなぁという方も安心してください。ちゃんと消灯して使えます。
ゲーミングキーボードという名称ですが、ゲーム以外の用途でも使っていいんですよ。

これでキーが薄型だったら、より最高のキーボードになるんだけなぁ。

動画レビュー