マットで持ちやすい小型マウス「Logicool Wireless Mouse M546」

サブのPC用にロジクールのワイヤレスマウス「M546」を購入したので、軽く紹介します。

マットな質感で持ちやすく、Unifyingに対応、そして安価であるため扱いやすいマウスです。

Logicool Wireless Mouse M546について

ロジクール ワイヤレスマウス M546は、Unifying対応のコンパクトなワイヤレスマウスです。

Wireless Mouse M546

プラが反射するので外しましたが、パッケージの内容はこんな感じ。

Wireless Mouse M546パッケージ同梱物

マスキングテープをまとったM325と比べると、一回り大きい。それでも小型。

M325tとM546を並べて撮影した写真

説明書らしい説明書はなく、パッケージの裏に使い方が簡易的に書かれてあります。

Wireless Mouse M546の説明イラスト

マウスの底面。フタを開けると単三電池とUSB Unifyingレシーバーが入っています。

Wireless Mouse M546底面

超コンパクトなUnifying対応のUSBレシーバー。

1つのレシーバーでUnifying対応デバイスを複数接続できます。

関連記事:LogicoolのワイヤレスキーボードK275レビュー&タイピング音チェック

ロジクールUnifying Picoレシーバー

マウスの表面はマットで触り心地が良い。

外観はオシャレではないけど、ダサイってほどでもない。

斜めの角度から見たLogicool Wireless Mouse M546

左サイドに進む/戻るボタンがあります。

滑り止めのラバーっぽい質感と光沢あるプラの異素材な組み合わせ。

Logicool Wireless Mouse M546左側面

2020年5月に購入したモデルはロゴがlogiになっていました。

Logicool Wireless Mouse M546

操作性は良いですね。静かな場所だとホイール音やクリック音が響きますが、普段の使用時は気になりません。

小型で持ちやすいサイズで、電池込みでも軽くて使いやすい。つかみ持ち、かぶせ持ちともにイケます。

Logicool Wireless Mouse M546を手で持った状態の写真