これでいい、これがいい「logicool M325 ワイヤレスマウス」ミニレビュー

新しいマウスに買い替えたので紹介します。ロジクールの「M325 Wireless Mouse」というマウスです。

Amazonで2,000円以下で買え、ロジクールのなかでは廉価ではありますが、Unifying対応でネットサーフィン用にはこれで十分。
小さめのマウスが好きな方におすすめです。

この記事ではロジクールの「M325 Wireless Mouse」ミニレビューをお届けします。

「M325 Wireless Mouse」ミニレビュー

Logicool「M325 Wireless Mouse」は、Webブラウジングに最適なワイヤレスマウスです。

外観

ロジクール「M325」ワイヤレスマウス外観

左手でも使える左右非対称のデザインで、かつ適度にシェイプされているため、持ちやすいです。

ロジクール「M325」ワイヤレスマウスの裏ブタを開け、マウスと裏ブタ、USBレシーバーを並べた写真

単三電池1つで駆動し、電池寿命が最大18カ月間持つとのこと。重量も約93gで、電池を含めても持った印象としては軽く感じます。

ホイールを左右に傾けることで、ページの「進む / 戻る」を操作することも可能。
ホイールの回転は軽めで、回すとジリジリと小さな音が鳴ります。

ロジクール「M325」ワイヤレスマウスのホイール

Unifying対応

私がこのM325のマウスを選んだ最大の理由が、Unifyingに対応していること。

ロジクールUnifyingレシーバー

Unifyingレシーバー1つで複数のマウス、キーボードを使用できるので、USBポートを埋める数を減らすことができます。

ロジクールのK275 ワイヤレスキーボードと組み合わせて使用したのですが、Unifyingレシーバー1つでどちらも快適に動かせました。

ロジクール「K275」ワイヤレスキーボードと「M325」ワイヤレスマウスを並べて撮った写真

複数の機器を接続するには「Logicool Unifyingソフトウェア」で設定する必要があります。

Logicool Unifying ソフトウェアのスクリーンショット画像

まとめ

ロジクール「M325」は、Webブラウジングに適したワイヤレスマウスです。

ロジクール「M325」ワイヤレスマウスとUSBレシーバーを並べて撮った写真

ロジクールには1万円を超える高級なマウスもありますが、私にはこれで必要十分。
小さくて持ちやすいですし、カーソルの精度も良くて快適。これでいい、これがいいのです。

動画にてクリック音などもチェックしてみたので、ぜひそちらもご覧ください。