軽いタッチ感が至高のワイヤレスキーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S」

キーボードに興味のある人なら誰もが一度はあこがれる「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S」をゲットしました。

約35,000円と高級なフラグシップモデルですが、独特のキー配列や打鍵感が気に入ればヤミツキになるキーボードです。

HHKB Professional HYBRID Type-Sの開封

HHKB Pro HYBRID Type-Sは、静電容量無接点方式でプログラマに適したキー配列が特徴のワイヤレスキーボードです。

HHKB Professional HYBRID Type-S外箱

付属品の説明書と単三電池。

HHKB Professional HYBRID Type-S取扱説明書と単三電池

キーボード本体。英語配列で色は墨を選んでみました。

持ち運びのためか、同じ静電容量無接点方式のREALFORCEよりも重厚感はなく、軽いです。

HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨 外観

Type-Sは、高速タイピング性(Speed)と静粛性(Silent)に優れたキー構造となっています。

HHKB Professional HYBRID Type-S 右上のType-Sロゴ

HYBRIDなのでBluetooth接続だけでなく、USB Type-Cでの有線接続も可能。

ただ、USBケーブルは付属していないので注意です。

HHKB Professional HYBRID Type-S上面

横から見てみると、すべてのキートップ面が中央方向に向かっているのがわかります。

HHKB Professional HYBRID Type-S側面

スタンドの傾きは3段階で調整できます。

HHKB Professional HYBRID Type-S傾き調節スタンドを倒した状態
スタンドを倒した状態
HHKB Professional HYBRID Type-Sスタンドを1段高くした状態
スタンドを1段高くした状態
HHKB Professional HYBRID Type-Sスタンドを2段上げた状態
スタンドを2段高くした状態

HHKBはバッテリーが乾電池なのが良いところ。

キーボードが故障するよりも先にバッテリーがヘタってしまう心配なし。
フタも開けやすく、単3電池の装着もラクラクです。

HHKB Professional HYBRID Type-Sに乾電池を装着

HHKB Professional HYBRID Type-Sでタイピングしてみた感想

タッチ感は軽く、長時間タイピングしても疲れ知らず。
音もスコスコと響かないので、仕事で使用するのに適しています。

HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列のキー

またこれは自身の選択ミスなのですが、英語配列だと矢印キーがないのがキツすぎる。

文字入力やコーディングなどをしているときに頻繁に矢印キーを触っていたので、Fnキーを押しながら操作するのが七面倒。
ここだけは日本語配列にしておけば良かったと後悔しています。

斜めにしたHHKB Professional HYBRID Type-S

軽くて打ちやすいのは良いですが、キートップが滑りやすく、誤タイプしやすいのも気になるところ。

HHKB Professional HYBRID Type-Sのキートップ

キーの配列についてはDIPスイッチで割り当てを変えられ、キーマップ変更機能ソフトウェアで細かな変更もできます。

HHKB Professional HYBRID Type-S DIPスイッチ

HYBRIDは有線接続できるのも良いです。Anker PowerLine ll 3-in-1 ケーブルで繋いでみましたが、問題なく使用できました。

関連記事:USB-C, Lightning, MicroUSBをまとめた「Anker PowerLine ll 3-in-1 ケーブル」

家では電池を消耗しない有線接続、外ではBluetooth接続といった使い分けができます。

HHKB Professional HYBRID Type-SにUSBケーブルを接続した状態

HHKBをヨゴレから守るキーボードルーフ

HHKBと同時にほこりやヨゴレから守るカバーも選んでみました。

ま、結論からいえばわざわざ用意する必要なかったんですけど…

HHKBキーボードルーフ外箱

クリアーモデルでHHKBのロゴが描かれています。

質感はプラスチックなので安っぽいですね。100均でも買えるんじゃないかというレベル。

HHKBロゴ入りキーボードルーフ クリアー

当然と言えば当然ではあるものの、HHKBにピッタリサイズなのが利点。

HHKB Professional HYBRID Type-SにHHKBキーボードルーフを置いた状態

これがあればキーボードのホコリ混入は防げますが、カバー自体のヨゴレが付きやすいのが難点。

HHKB愛好家なら持っていても良いかなというアイテムです。

斜めから撮影したHHKB Professional HYBRID Type-Sとキーボードルーフ