YAMAHAのワイヤレスイヤホン「TW-E3A」を使ってみた感想

ヤマハの完全ワイヤレスイヤホン「TW-E3A」を購入したので、紹介します。

ワイヤレスイヤホンはAppleのAirPods Proが初体験だったのですが意外にも良く、Androidスマホに適したお手頃なモノを探してみたくなり、今回選んだのがヤマハの「TW-E3A」。

価格は約1万円ほどのエントリーモデルですが、AirPods Proと比較してどうだったのかなど、お伝えしていきます。

YAMAHAのワイヤレスイヤホン「TW-E3A」の紹介

ヤマハの「TW-E3A」は、音量に応じて音のバランスを最適化するリスニングケアを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。

TW-E3A外箱

「TW-E3A」は、ノイズキャンセリング機能や外部音を取り込むことができるアンビエントサウンド機能が省かれたエントリーモデルにあたります。

TW-E3A外箱裏面

外箱から取り出してみると、”BRINGING YOU CLOSER TO THE ARTIST”と書かれたスタートアップガイドがお目見え。

スタートアップガイド「BRINGING YOU CLOSER TO THE ARTIST」

スタートアップガイドのほかに取扱説明書も入っています。

ここは日本メーカーらしいやさしさがありますよね。

TW-E3A同梱物

付属品はイヤホン本体、充電ケース、イヤピース(SS, S, M, Lサイズ)、スリーブ(S, Mサイズ)、USB給電ケーブル。

TW-E3A付属品を並べて撮った写真

イヤホンはまるっこいかたちが特徴でかわいらしい。

L、Rの文字はブラックだと視認性が低いです。

TW-E3Aイヤホン

ケースの質感は軽めで、AirPods Proと比べると安っぽく感じます。

イヤホン収納箇所はマグネットになっており、カシャっとイヤホンを収められます。

TW-E3A充電ケース

ケースの背面は充電用のUSB-Cポートとインジケータがあります。

TW-E3A充電ケース背面のUSB-Cポートとインジケータ

YAMAHAのワイヤレスイヤホン「TW-E3A」のミニレビュー

YAMAHAの完全ワイヤレスイヤホン「TW-E3A」を使ってみた感想をかんたんに紹介します。

操作性

音楽を聴くときの操作は、左右のイヤホンの機能キーを押すことで操作可能。

機能キーを1回押すと再生/一時停止、キーを2回押すことで音量UP/DOWN、キーを2秒間押すことで次の曲へ進む/戻ることができます。

TW-E3Aイヤホン本体

ただキーが硬めでけっこう強めに押さないと操作できないので、操作するときに耳が圧迫されて痛くなることがあるのがマイナス点。

ここはAppleのAirPods Proのほうがイヤホンの形状上、使いやすい設計になっています。

音質

AirPods Proの音質をベーシックとすると、TW-E3Aの音質は軽めでシャカシャカした感じ。
長時間音楽を聴いても疲れなさそうですが、カナル型のイヤホンのため、耳の方が先に痛くなりそう。

個人的にはAirPods Proのほうが好みです。
TW-E3Aはちょっと音が安っぽく感じて、低価格のイヤホン・スピーカーで聴いてるような印象でした。

TW-E3AでSpotify音楽視聴

専用アプリ「Headphones Controller」を使うことで、バッテリー残量の確認やリスニングケアのON, OFFの切り替え、オートパワーオフ時間の設定ができます。

ただそれ以外にできることがまったくなく、今後のアップデートでイコライザーとかを設定できるようになるとうれしいかな。

Headphones Controllerスクリーンショット画像

リスニングケアも試してみましたが、あってもなくても良いという感じ。とりあえずONにして使っています。

Headphones Controllerを起動したスマホとTW-E3Aケース

接続性

TW-E3Aを使ってみていちばん良かったのが、Bluetoothの接続性。

AirPods Proよりもすばやく繋がり、左右のイヤホンそれぞれで認識されます。

TW-E3AをスマホとBluetooth接続したスクリーンショット画像

使っていて音切れするなんてこともありませんでした。

YAMAHAのワイヤレスイヤホン「TW-E3A」のまとめ

「TW-E3A」は、音切れしにくいヤマハ初の完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデル。
バッテリーもイヤホン本体のみで6時間使用でき、ケース充電とあわせて24時間の音楽再生が可能。

TW-E3Aイヤホン
タコさんの顔みたいにみえておもしろい

このTW-E3Aを使ってみて改めて感じるのは、AirPods Proの完成度の高さ。
本体・ケースの質感、ベーシックな音質、操作性、どれもまんべんなく一定基準を満たしており、満足できる仕上がり。

さすがに約3万円のAirPods Proと比べるのは酷ではありますが、値段によってこんなに違いがあるのだなぁとも感じました。

TW-E3AケースとUSBケーブルに接続
AirPods Proと違って、充電がUSB Type-Cなのはうれしいところ

YAMAHAのワイヤレスイヤホンには上位機種も用意されているので、そちらと比較してみると面白いかもしれません。