Anker USB-C 2-in-1 カードリーダーでケータイ想い出の写真をPCに取り込む

ANKERのUSBカードリーダー「Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー」を購入しました。

普段スマホやカメラの写真はUSBケーブルを繋いでパソコンに取り込んでいます。
ですが、訳あってUSBカードリーダーが必要になりまして…

それは昔のガラケーに保存されてる写真を取り出したかったからなんです。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー

Ankerの「USB-C 2-in-1 カードリーダー」は、SDカードスロットとmicroSDカードスロットの2つを搭載したUSB Type Cのカードリーダーです。

ANKER USB-C 2-in-1 Card Reader

パッケージ裏面は英語で説明書もありませんが、直感的に利用できるので問題なし。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダーパッケージ裏面

こういうパッケージって開けるのが面倒なのですが、取っ手があって引っ張るだけでかんたんに製品を取り出せます。

きちんと配慮されていてありがたいというか、良いアイデアですよねぇ。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダーのパッケージのフタを開けた状態

サイズは超コンパクト。ちゃんと管理しておかないとすぐなくしそうなくらい小さいです。

アルミの質感で1,000円ちょっとで買えるクオリティとは思えないくらい。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー

カラーはシルバーがかったグレーという感じ。

色やかたち的にもMacBookを想定して作られているかと思いますが、最近はPCのマザーボードやケースにもUSB-Cポートがあるコトが増えてきました。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー背面

SDスロットとmicroSDスロットを1ポートずつ搭載しています。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダーのSDカードスロットとmicroSDカードスロット

USB-Cは差し込む向きを気にせず使えるのが良いところ。

スマートフォンに接続することもできます。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー USB-Cポート

ケータイの写真をPCに取り込む

私がANKERのUSB-C 2-in-1 カードリーダーを買ってやりたかったのは、昔使っていたケータイ INFOBAR 2 に記録されてる写真をPCに取り込むこと。

INFOBAR 2は私が2008年から2018年くらいまで使っていたauのガラケー。

microSDカードの容量が2GBなところが、年月による技術の進歩を感じさせます。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダーと、INFOBAR2、microSDカードを並べた写真

microSDカードをANKERのUSB-Cカードリーダーに差してみました。

カードリーダーがコンパクトなので、microSDカードでもはみ出します。
差込口はゆるすぎず、固すぎずでちょうど良い感じ。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダーにmicroSDカードを差した写真

私が使っている自作PCケース A4-SFXには前面にUSB-Cポートがあるので、ここに接続します。

A4-SFXのフロントUSB-Cポート

USB-Cなので、向きを変えれずSDカードが接触して差せないなんてこともなさそう。

A4-SFXにAnker USB-C 2-in-1 カードリーダーを接続した写真

Windows 10のパソコンでちゃんと認識され、無事ケータイに保存されてる写真を取り出すことができました。

Windows10 PC エクスプローラ画面 Anker USB-C 2-in-1 カードリーダーを認識

INFOBAR 2で撮った写真

おまけにINFOBAR 2に保存されていた写真を載せておきます。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー まとめ

この記事はANKERの「USB-C 2-in-1 カードリーダー」について書きました。

USB Type-CのUSBカードリーダーはまだ種類があまり多くないので、安価に購入できるANKERのUSBカードリーダーはおすすめです。

最近はスマホやPCなど、Type-Cを搭載した機種が多くなってきました。
これからUSBカードリーダーを買うならUSB Type-AよりもType-Cの形状を選んだほうが長く使えてお得です。