Fudangear

ビルケンシュトック「チューリッヒ」レビュー 男女問わず履けて春~秋まで活躍のサンダル

履き心地の良さに定評のあるビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)のサンダル。

おしゃれな方が履いてるのを見て「いいなぁ~」と思い、数年前に購入したのが「チューリッヒ(Zürich)」というモデルです。

ビルケンシュトック「チューリッヒ」の概要

ビルケンシュトックは240年以上の歴史をもつドイツの靴ブランド。

「made in Germany」と箱に書かれているように、ドイツ製なんです。

私が選んだのはトープというカラーで、サイズは38(24.5cm)を選びました。

ビルケンシュトックは他の靴とサイズ感が違うため、購入前に試着が必須。とくに通販で購入する場合、足にフィットするか事前に確認してから買うのがおすすめです。

ビルケンシュトック「チューリッヒ」の特徴

ビルケンシュトックの「チューリッヒ」の特徴は、普通のサンダルよりもアッパーの面積が広くて安定感が高いこと。

サイドの部分までしっかりとカバーされているので、脱げにくくなっています。

また、チューリッヒには2つのバックルを使って調整できるストラップがあります。
足の甲の高さに合わせてフィット感を調節できるので、より履きやすいようにセッティング可能です。

ただ、履き始めのころはアッパーが硬いので、履きこんでなじませる必要があります。

ビルケンシュトックのサンダルは修理ができ、消耗したソールも交換ができます。

ビルケンシュトック「チューリッヒ」のまとめ

この記事は、ビルケンシュトックの「チューリッヒ」について書きました。
チューリッヒは男女ともに履けるサンダルで、春から冬近くまで使えます。

素足で履くのも良いですが、私がおすすめしたいのは靴下履き。最近はサンダル用の靴下もあるので、コーディネートの幅も広がりますよ。